過払い金 時効

MENU

過払い金 時効記事一覧

過払い金の請求時期ですが、「自分が思い立った時から請求が可能」ですので、現在も取引が継続している場合でも、過去に取引を完済している場合でも、過去に完済した事がある場合でも、いずれの場合でも手続きが可能です。まずは、自分が過払い金の請求が可能なのかを確認するところから始められると良いでしょう。

過払い金を請求するのに、時効は10年ですよ!という事については、過払い金の時効 | いつまでも手続きできませんので要注意ですでまとめていますが、時効の中断をする事で、10年以上経過しているケースでも請求ができます。この問題に深く切り込んだ判決というのが、平成21年1月22日最高裁判決なのですが、「消滅時効の起算点」と「過払い金の充当合意」についてまとめられました。(平成21年1月22日 最高裁判決...

過払い金と言えば、消滅時効がある事は、過払い金の時効 | いつまでも手続きできませんので要注意ですでも紹介している通りです。そのため、時効を迎える前までに手続きを完了しておく必要があるのですが、実は10年以上経っていても請求する事ができるケースがあり、そのケースというのが、「時効の中断事由」があった時なのです。時効の中断事由とは、消滅時効の進行を進めるのをストップさせる事ができる、民法上認められた...

過払い金の請求ですが、「何年前までの分まで、請求が有効」などと言った決まりがあるのかな??と気になったので調べてみたところ、「特に何年前までという規定はなく、時効が援用されなければ請求する事は可能」となっています。そもそも、過払い金請求ですが、債権者が出資法を盾にして「みなし弁済」を強引に認めさせてきた結果、あとになってみなし弁済が認められなくなり、結果的に今日のようになっています。そのため、過去...

過払い金の請求問題で、過去に大きな争点となったのが、「取引(契約)の分断」についてでした。例えば、完済した時、完済しても再度の取引が行われた時、契約を破棄した時などで、取引が一連性があるかどうか。これによって、消滅時効の起算点が変わってきますので、大事なポイントです。しかし、今では取引の分断に関する判例も出揃ってきており、代表的な判例は?となると、平成19年2月13日、平成19年6月7日、平成19...