過払い金の時効

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

過払い金いつから

過払い金の請求時期ですが、「自分が思い立った時から請求が可能」ですので、現在も取引が継続している場合でも、過去に取引を完済している場合でも、過去に完済した事がある場合でも、いずれの場合でも手続きが可能です。

 

まずは、自分が過払い金の請求が可能なのかを確認するところから始められると良いでしょう。

 

過払い金返還請求 時効

続いて過払い金の請求権ですが、いつまでも請求ができるわけではありません。

 

請求権は、「10年」と定められていて、消滅時効を援用されると、残念ながら今後一切過払い金の請求はできないと思って下さい。

 

貸金業者が認める「債務の承認」が行われると、もちろん返還される事はあるでしょうが、基本的に返還に消極的(=返したくない貸金業者が多数)なので、そのような甘い期待は捨てられた方が良いかと思います。

 

 

ところで、ここで気になる「時効を数える起算点はいつ??」という点ですが、様々な例があったのですが、今では「最終取引日を起算日とする」と判例でも統一されるようになりました。

 

 

ただし、途中で契約が切れているケース(=契約の分断と呼びます)では、事態は複雑になります。

  • 契約の分断とは、最初に極度額契約を結び、完済する取引があります。(第一取引)
  • その後、契約を破棄したあとに、数年後に再度の利用を希望しして再契約を行うとします。(第二取引)

この場合、最初の第一契約ですが、完済した日付が最終取引として、この時から過払い金の消滅時効が進行していると解されるケースがあります。

 

ただし、契約番号が同じ、契約を単に更新しただけの場合もありますので、すべてのケースが契約の分断と主張されるわけでもありません。このあたりの主張は素人では判断しにくいところでもありますので、できれば代理人(弁護士や司法書士)へ相談し、きちんと確認した方が良いでしょう。

 

 

上記の通り、契約が古い方、長期間に渡り消費者金融を利用された方だと、かなり複雑な計算も入りますので、一筋縄ではいかないところがあります。
(これを認めると、消費者金融としても多額の過払い金返還が必要なので、死活問題です。)

 

自分でできない事は、きちんと専門家に任せ、あなた自身ができる事は、他にもたくさんあるかと思いますので、うまく時間も効率よく使うようにしましょうね。

 


過払い金

関連ページ

過払い金時効中断
過払い金の請求にあたり、時効が成立しない中断事由がある時があります。ここでは時効の中断事由についてまとめました。
過払い金10年以上前
過払い金に時効がありますが、必ず10年を過ぎると請求権がなくなるのでしょうか?
過払い金何年前まで
過払い金の返還請求は何年前までの分までしか無理など規定があるのでしょうか?
過払い金分断
過払い金で注意したいのが契約の分断の主張です。認められると過払い金が少なくなる事もありますので要注意です。