過払い金10年以上前

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

過払い金10年以上たっていても請求可能

過払い金と言えば、消滅時効がある事は、過払い金の時効 | いつまでも手続きできませんので要注意ですでも紹介している通りです。

 

そのため、時効を迎える前までに手続きを完了しておく必要があるのですが、実は10年以上経っていても請求する事ができるケースがあり、そのケースというのが、「時効の中断事由」があった時なのです。

 

時効の中断事由とは、消滅時効の進行を進めるのをストップさせる事ができる、民法上認められた権利なのですが、以下のような事が時効成立前に行われると、消滅時効は進行しません。

  • 裁判上の請求にあたる行為があった場合

    支払督促の申立て、訴訟を提起する、民事調停の申立て、和解の申立て、破産手続き、更正手続き、再生手続き
    内容証明による催告(ただし6ヶ月以内に他の裁判上の請求が必要)

  • 差し押さえ、仮差押え、仮処分
  • 債務の承認

 

ここで「内容証明による催告」に注目ですが、予告のように時効を迎える前に「過払い金返還請求を求める内容の書面」を請求先へ手続きしておくと、時効を迎えても6ヶ月以内にきちんと裁判上の請求をしていれば時効の成立を止める事ができます。

 

これで、10年以上経っても請求できる可能性があるという事になりますね。

 

24時間常駐、匿名・チャットで相談できる弁護士事務所

 

過払い金 10年 時効

そうは言っても、過払い金の時効は最終取引日より10年です!

 

最終取引日から10年という事は、例えば平成14年以前に契約があった方であれば、今年中には請求権を時効によって消滅させてしまう事になります。

 

過払い金は、一度請求して返還を受けたり、時効を迎えて請求できなくなってしまいますと、二度と請求する事はできません。

 

 

大切な権利だし、一度きりの行使ですので、手続きができる間にきちんと手続きし、本来借金返済しなくてよかった分の払い過ぎた利息を返してもらうようにしましょう。

 

嬉しい事に、過払い金は返還を受けても雑所得になる事もありませんので、税金がかかる事もありません。

 

 

今までの苦労を現金として戻せる過払い金は、債務整理の中で、最もデメリットのない方法です。もし借金が残っている場合でも、借金は引き直し計算に寄って、すべてなくなりますので、今後の返済を考える事もなくなります。

 

うまく活用して、あなたの借金をなくし、今後の快適な生活を手に入れて下さいね。

 


過払い金

関連ページ

過払い金の時効
過払い金の返還請求の時効がある事をご存知ですか?消滅時効までのタイムリミットが無い方は急いで手続きを検討しましょう。
過払い金時効中断
過払い金の請求にあたり、時効が成立しない中断事由がある時があります。ここでは時効の中断事由についてまとめました。
過払い金何年前まで
過払い金の返還請求は何年前までの分までしか無理など規定があるのでしょうか?
過払い金分断
過払い金で注意したいのが契約の分断の主張です。認められると過払い金が少なくなる事もありますので要注意です。