過払い金法律事務所

MENU

過払い金法律事務所記事一覧

弁護士や司法書士へ相談する際に、まず気になるのが「いくらくらいかかるんだろう??」という点ではないでしょうか??すごく高いところだと、いくら借金整理ができたとしても、報酬が支払できず、次は弁護士や司法書士への支払が滞る事になるし、そんな不安もない日々を過ごしたいと思われる方も多い事かと思います。そのため、過払い金の報酬ですが、必ず比較してから決めるようにして頂きたいと思います。比較していくうちに、...

なんでも安ければ良いわけではありませんが、お金が無いときに少しでも予算を抑えたいと思うのは、色々な場面では当然の事と言えますね。コストカットも会社の至上命題のように当然な世の中ですので、個人としてもしっかりと、抑えられる費用はなるべく抑えるようにしたいものです。これは、過払い金返還請求をする際にも同じで、代理人に支払う報酬は少しでも安い方が良いのは、誰もが思うことかと思います。 代理人の報酬規程に...

過払い金の弁護士費用に関しては、過払い金報酬安いでも書かせて頂いているのですが、費用はなるべく抑えたいところです。一方、「どこまでも青天井で費用が発生するのであれば、とても支払はできない」という不安な気持ちや「あとで請求されるのではないか?」という疑念もあるかも知れません。ただ、そこは安心していただきたいのは、「弁護士会の報酬規程で報酬上限が決まっている」ので、青天井で請求される事もありませんし、...

過払い金は、弁護士や司法書士などの代理人にとっては、大変旨みのあるビジネスです。一時期ほどの過熱はないですが、今でも過払い金返還請求の金額は大変な金額です。※貸金業協会の統計では、毎月50億円程度の返還額とあり、年間ベースだと600億円近くになります。さらには、弁護士や司法書士と提携してNPO法人や個人で非弁活動を行い、代理人の斡旋業務をおこなっているケースもあり、詐欺まがいな事も多くあります。そ...

平成23年2月9日に、「債務整理事件処理の規律を定める規程」が作られ、弁護士も司法書士も遵守義務を追っています。この中に、規程第3条があり、「受任弁護士自らが行う個別面談による事情聴取の原則義務化」となっており、受任する前に弁護士でも司法書士でも、依頼者と面談する事が義務化されました。この背景には、過去に報酬説明が不十分でトラブルに発展したケースや自分の意図しない債務整理が行われていたり、勝手に債...

過払い金を請求するにあたり、弁護士へ依頼するケースでは、報酬基準ってあるの??という疑問ですが、報酬基準は各弁護士ごとに決まっているのではなく、弁護士会が目安を決めていますので、弁護士会へ所属している弁護士はすべて遵守する事となっています。そもそも弁護士法 9条で弁護士は必ず弁護士会に登録し、入会する事が義務付けられています。ただし、都道府県単位の弁護士会(単位弁護士会)のうち一つに所属する事にな...

過払い金を請求する際に、自分で手続きや交渉のすべてを行えるのであれば、それで良いのですが、消費者金融の社員の気迫もすごくて、結構交渉が前に進まない事があります。また、法律用語を出してきたり、難しい話をして困惑しようとするケースもあるようで、そうなってくると、大変面倒事も多いため、自分で手続きするよりも多くの方が、より効率よく返金を求めるのに、弁護士や司法書士といった代理人をつける事があります。中で...

過払い金請求をしたい、相談したいけど、弁護士や司法書士と面談するのは緊張するし、電話で相談するのもちょっと。。。と思う際には、まずはメール相談から始めてみてはいかがでしょうか??多くの事務所で、メール相談は24時間365日行っていますし、いつでも自分のタイミングで相談する事が可能です。また、事務所によっては、入力フォームに「匿名」を認めているケースがあり、メール相談の段階では、個人情報を提出する必...

過払い金が140万円を超えるケースですが、もし訴訟となった場合に、管轄裁判所が簡易裁判所から地方裁判所へと変わります。そのため、司法書士は訴訟代理人として出廷する事ができず、出廷の際には、本人が法定に立ち、裁判官や債権者と受け答えをする事となります。本来、代理人に任せるメリットとして、「知識や交渉力の差を埋めて、債権者と対等に渡り歩くため」、「出廷など面倒事をすべて任せ、時間的な制限を避ける」事が...

過払い金の請求にあたり、無料相談は大変有効な手段です。請求する前に、債務者の多くは必ずこの機会を使う事でも知られておりますが、面談方法の他に、電話やメールで相談を始める事もできますので、人見知りの方でも心配はいりません。=メールの相談に関しては、過払い金 メール相談を参考にして下さい。しかし、一方で電話やメールだと、顔の見えない上に、その人にプライベートの根幹とも言える借金問題を話しなければいけな...

最近過払い金のCMをよく耳にすることも多くなりました。以前貸金業者との取引があった人すべての方に過払い金請求は対象となります。自分は関係ないと思わずに、まずは相談してみてください。想像していた以上の金額が戻ってくることもあります。過払い金の相談は口コミの評判も考慮しようでは、相談となると弁護士や司法書士といった法律のプロに相談することになります。しかし普段、普通の生活をしていればそんなに弁護士や司...

消費者金融をはじめとして、金融業者から融資を受けている人は多いと言われています。金融業者からの借り入れにおいては金利の支払いを行わなければならず、法律改正が行われる前までは法律で定めらえている金利を超えた利息で貸し付けが行われていました。そのために法律で定められている金利を超えて支払っているケースが多数あるために、払い過ぎていると感じている人もいるでしょう。法律によって定められている金利を超える利...

クレジットカードや消費者金融のカードローンなどを利用した経験のある人は多いと考えられますが、過去の貸金業法が改正される以前の取り引きにおいては、過払い金が発生しているケースがあります。貸金業者から融資を受けていた経験を持っている人の中には、利息が高くて払い過ぎているのではないかと疑問に持っている人もいらっしゃるでしょう。そのような場合には、お近くの司法書士や弁護士に相談することによって、消費者金融...

消費者金融やクレジットカードを発行している信販会社のサービスを利用して、借り入れをしている人もいるでしょう。消費者金融業者や信販会社のサービスは必要なお金の穴埋めをする手段として便利なものと言えますが、貸金業法が改正される前の段階においては、利息制限法で定められている上限金利を超えて融資が行われていたものも多数あります。かつて借り入れを行っていた場合で、払い過ぎた利息分である過払い金が発生している...

生活資金が不足している場合など、消費者金融業者からの借り入れを行っている人も少なくないでしょう。消費者金融業者から借り入れを行うときには、金利の支払いもしなければなりません。金利については法律で定められている上限利息を超える金利で借り入れを行っているケースもあり、法律の制限を超えて支払っている金利のことを過払い金と呼びます。払いすぎている利息が発生しているかもしれないときには、どのような解決方法が...

金利を法律で定められている以上に支払うという契約をしてしまって、たくさん利息を払いすぎている分を過払い金といいます。つまりそれ以上ははらわなくてよかった利息を取り戻すということで、その業者に請求ができるということです。戻ってくる分は、その利息に、法定利息の利息5パーセントをかけた分だけ戻ってきますので、戻ってきそうな人は請求をしない手はないです。その請求も永遠にできるというわけではなく、期間があり...

札幌にお住まいの方で、今まで貸金業者との取引があった人は過払い金請求を行うことで払い過ぎたお金が戻ってくることがあります。この請求というは個人でもできますが、やはり法律のプロである弁護士や司法書士の先生に任せるのが一番スムーズに行うことができ解決することができます。過払い金請求は、弁護士や司法書士が受任することから始まります。そして貸金業者に通達し、任意で過払い金の支払いに応じるように依頼します。...

最近よくいろいろな場所で過払い金という言葉が使われています。過払い金とは、本来払う必要がないにも関わらず、貸金業者に支払い過ぎたお金の事です。借入期間が5年以上で、金利が18%を超える人は、実は過払い金が発生している可能性が高いのです。払い過ぎたお金を計算して、その金額を返還請求する事でお金を取り戻す事が出来ます。過払い金請求に有名な専門家がいるの??個人でも請求は出来ますが、相手もプロですから個...