消費者金融 ブラックとは

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

消費者金融 ブラックとは

消費者金融の借入審査の際に、必ず行われるのが、「信用情報機関へ信用情報の照会手続きを行う」という点です。

 

個人信用情報機関には、JIC、CIC、KSCと呼ばれる情報センターの3つがあり、それぞれ加盟金融機関へ借入情報の提供をしているのですが、現時点での借入件数や金額はもちろんの事、過去の借入も含めて問題のある借入がある場合に、それらも全部情報として一定期間記録する事となっています。

 

その情報の一部で、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれる情報があるのですが、正式な呼び方としては、「異動情報」と呼ばれています。

 

この異動情報が出ていると、追加で借入したり、新しくクレジットカードや住宅ローンを組む事は難しくなってきますので、金融機関からの信用を失っている状態と言えます。

 

 

また、異動情報が出ているという事は、状況としては借入ができないばかりか、借金返済がどんどん厳しくなっているという事も示していると言えそうです。

 

当たり前の話ですが、すでに延滞していたり、借入が増えている状況で、さらなる追加融資を受けるのは危険ですし、また、入金できていないところがあるのに、新しく借りたところだけ返済が続くという事も考えにくい事ですので、イエローサインが出ていると見て、まず間違いは無いはずです。

消費者金融 ブラックリスト登録期間

このようなブラックリストへ登録されてしまうと、新たな融資を受ける事も、また返済能力としても極めて厳しい状況にあると言えますが、ずっとブラックリストへ登録されるわけではなく、一定期間を経過した後に異動情報が消えるようになっています。

 

ちなみに、主な異動情報ですが、

  • (3ヶ月以上)延滞情報
  • 延滞解消
  • 債務整理(任意整理)
  • 破産申立
  • 民事再生申立
  • 特定調停

などがありますが、延滞情報や延滞解消は、1年を超えない範囲で抹消されると言われていますし、債務整理各種の情報についても、5年を超えない範囲で抹消されるとなっています。

 

 

現時点でブラックリスト入りの方へ

現時点で信用情報に異動情報が掲載されていて、返済にも困窮している場合は、2つの方法を検討すると良いかと思います。

 

  1. 1つ目が、「債務整理」を行い、早期借金の整理を行う。
  2. 2つ目が、「消滅時効の援用」ができないか、一度検討してみる。

 

いずれかで、検討してみると良いかと思います。特に時効の援用ができる場合であれば、借金問題が一気に解決されますので、活用しない手はありません。
=時効の援用については、借金 時効 援用 | 費用や信用情報への影響などまとめました。で詳細な情報提供をしていますので、参考にして頂けると良いかと思います。

 

 

今の借金問題の深刻さに応じて、早期対応した方が良いものもあるかと思いますので、まずは手間でも相談してみる事から始める方が良いかと思いますので、無料相談の連絡から始めていきましょう。

 


過払い金