リボ払い 信用情報

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

リボ払い 信用情報

リボ払いが支払いできなくなり、債務整理をされた方がいますが、信用情報への影響が出たのか??という点を体験談を通じてまとめました。

 

 

カードローンを使いすぎてしまった結果・・・

便利なカードローンを利用していたのですが、返済が難しくなり債務整理をしなければならなくなりました。

 

カードローンは利用限度額の範囲内であれば、繰り返しお金を借りる事が出来る便利なローンなのですが、月々の支払額と言うのは定額返済になるリボ払いであるため、つい使い過ぎてしまうのです。

 

 

リボ払いはクレジットカードの返済でも利用されている返済方法なのですが、うっかりすると、いつの間にか多くのお金を引き出して利用していたと言うケースも多くあるのです。

 

返済が困難になったことで、過去の利用方法はあまりにも返済計画を考えずに利用してしまったと反省をしているのですが、リボ払いは知らぬ間に借金が膨らむ恐れがあるので注意が必要です。

 

 

尚、返済をきちんと行っている間は、事故の情報などが残されることは無いのですが、延滞をすることで、信用情報に記録が残されることになりますので、信用情報は審査に時に金融機関が利用する情報であり、ここに延滞などの記録が残ると、審査を受けても通らないと言う事もあるので、債務整理を行う際には、ある程度の覚悟は必要です。

 

 

自分の場合は、借金問題を抱えると同時に延滞も起こしているので、事故情報として残されており、一定期間が過ぎなければ、この情報は消滅しませんので、新しくキャッシングの申し込みをしても審査に通らないのだと聞きました。

 

 

リボ払いという返済方法によって、現在どれだけ使っているのかが不透明になりやすく、うっかり使い過ぎてしまい、借金の額が膨大な金額になってしまった・・・今となれば後悔してもしきれないですが・・・

 

それでも、信用情報に掲載された事だけではなく、返済計画を立てて利用をすることが、とても重要な事だと気付きましたので・・・

 

次回利用出来た時には、便利なカードローンも借りすぎないよう、注意したいと思います。

 

 

信用情報の登録機関について

上記の通り、債務整理を行う時には、信用情報の異動情報が報告される事を覚悟しておく必要があります。

 

 

しかし、異動情報は永久に報告されるわけではありませんので、登録期間となる5年を過ぎれば、異動情報自体もなくなりますので、普通の生活と変わらないようになりますので、時間が解決してくれます。

 

今は、目の前の借金問題を解決する事に注力するのが、一番良い方法だと言えますね。

 


過払い金

関連ページ

クレジットカード強制解約
クレジットカードの強制解約によるデメリットなどをまとめてみました。
強制解約 信用情報
信用情報と強制解約に関する関連についてまとめました。
リボ払い 終わらない
クレジットカードの利用にあたり、リボ払いは便利ですが、一方で返済が全然進んでいないと感じる事も少なくないようです。
リボ払い 引き落とされてない
クレジットカードでリボ払いをする事で、便利な分割払いをするのはとても便利ですが、時に引き落としがかかわらなかった時には、ちょっと怖いと感じますよね。
リボ払い グレーゾーン金利
クレジットカードでリボ払いしたものはグレーゾーン金利と関係があるのでしょうか?
リボ払い デメリット
リボ払いのデメリットとはどんなところにあるのでしょうか??
リボ払い 元金が減らない
リボ払いは、元金が減らないので、返済がとても大変です。ここではリボ地獄に陥った方の話を元に紹介したいと思います。
リボ払い 雪だるま
リボ払いが返済できず、雪だるま方式で返済金額や借金が増える恐怖の体験についてまとめました。
リボ払い 手数料 高い
リボ払いの手数料は、やっぱり高い・・・塵も積もれば山となるではないですが、利用には要注意です。
リボ払い 年収証明
リボ払いの利用やクレジットカード、キャッシングの利用に年収証明を提出する必要があるのでしょうか?
リボ払い 翌月
リボ払いを続けると、翌月の返済が大変になります。
リボ払い 利息制限法
リボ払いと利息制限法についてまとめていきたいと思います。
カード 強制解約 住宅ローン
カードの強制解約を受けると、住宅ローンの審査に影響が出たりするの??
リボ払い 複利
リボ払い 複利についてまとめていきたいと思います。