強制解約 信用情報

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

強制解約 信用情報

クレジットカードには、利用状況が思わしくない時に、強制解約される事もあります。

 

今回は、クレジットカードの強制解約と信用情報との関係について、体験談を通じてまとめてみました。

 

 

クレジットカードが強制解約になるまで・・・

クレジットカードの滞納や延滞をすれば、すぐにカードが使えなくなると思いがちですが、実際には数日の猶予はあるようです。

 

毎月の支払いということもあり、振込みを忘れてしまったということも考えられますから、とりあえずは安心していいと思います。

 

滞納してしまった後のカード会社の対応としては、電話や郵便による支払い催促がはじまりますが、この段階ではそれほど高圧的な態度でないことがほとんどです。

 

 

もちろん、過去に滞納したことがあったり、業者に目をつけられているなどの理由によって対応は異なるのかもしれませんが、ほとんどの場合、滞納したからといって、それほど不安になる必要はないのです。

 

督促に応じて速やかに振込みをすれば、信用情報も傷つくことはありませんから、ほとんど問題はありません。

 

 

しかし、この支払催促を無視し続けることによって、カード会社の対応も違ってきます。

 

一般的に言われているのが、カード会社が待ってくれる猶予期間としては支払日から2ヶ月程度と言われています。3ヶ月目に入ると、催促だけではなくなります。

 

 

まず考えられるのがカードの強制解約です

これによって、あなたの信用情報が悪くなることがあります。信用情報といってもあまりピンとこないかもしれませんが、新規にクレジットカードを作ろうと思っても、審査段階で滞納や強制解約の記録が残ってしまうことで、契約できなくなってしまうのです。

 

 

カードが作れないとなると、ローンやリボの利用ができなくなってしまいます。また、強制解約になってしまった場合、カード会社によっては、残りの借金の一括返済を要求してくるケースもあります。

 

こうなってしまうと金額によっては支払いが不可能になり、裁判沙汰に発展しかねませんので、十分に気をつける必要があります。

 

 

カードの強制解約も信用情報の事故情報の一つです

信用情報については、リボ払い 信用情報でも触れていますが、異動情報が登録されると、新たにキャッシングやローンの審査が通りにくくなってきます。

 

特に、強制解約の場合は、クレジットカードを新たに作るのは難しくなりますので、それだけの不都合が出る事をしっかりと認識しておきましょう。

 


過払い金

関連ページ

クレジットカード強制解約
クレジットカードの強制解約によるデメリットなどをまとめてみました。
リボ払い 信用情報
リボ払いと信用情報への影響についてまとめました。
リボ払い 終わらない
クレジットカードの利用にあたり、リボ払いは便利ですが、一方で返済が全然進んでいないと感じる事も少なくないようです。
リボ払い 引き落とされてない
クレジットカードでリボ払いをする事で、便利な分割払いをするのはとても便利ですが、時に引き落としがかかわらなかった時には、ちょっと怖いと感じますよね。
リボ払い グレーゾーン金利
クレジットカードでリボ払いしたものはグレーゾーン金利と関係があるのでしょうか?
リボ払い デメリット
リボ払いのデメリットとはどんなところにあるのでしょうか??
リボ払い 元金が減らない
リボ払いは、元金が減らないので、返済がとても大変です。ここではリボ地獄に陥った方の話を元に紹介したいと思います。
リボ払い 雪だるま
リボ払いが返済できず、雪だるま方式で返済金額や借金が増える恐怖の体験についてまとめました。
リボ払い 手数料 高い
リボ払いの手数料は、やっぱり高い・・・塵も積もれば山となるではないですが、利用には要注意です。
リボ払い 年収証明
リボ払いの利用やクレジットカード、キャッシングの利用に年収証明を提出する必要があるのでしょうか?
リボ払い 翌月
リボ払いを続けると、翌月の返済が大変になります。
リボ払い 利息制限法
リボ払いと利息制限法についてまとめていきたいと思います。
カード 強制解約 住宅ローン
カードの強制解約を受けると、住宅ローンの審査に影響が出たりするの??
リボ払い 複利
リボ払い 複利についてまとめていきたいと思います。