リボ払い デメリット

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

リボ払い デメリット

今回は、リボ払いにする事で生じる「デメリット」について、体験談を通じてまとめてみました。

 

リボ払いのデメリットを知っておかないと、返済が終わらなくなる。

 

 

怪我で収入がなくなり、キャッシングの利用をする事に・・・

以前スキーで骨折してしまい、しばらく働くことができなくなりました。

 

アルバイトで生計をたてていたので、働けないとまったく収入がなくなり困りました。

 

 

少しあった貯金もすぐになくなり、仕方ないので消費者金融のカードローンに申込みキャッシングすることにしました。

 

消費者金融を選んだのは、金利は高いですが、審査が通りやすいと聞いていたので、アルバイトでも審査に通ると考えたからです。

 

 

消費者金融は、総量規制がある関係で、限度額は低かったですが、それでも無事審査に通ることができて、キャッシングできました。

 

 

カードローンの返済方法は、リボ払いにしました。

リボ払いは、分割払いとは違い利用額に関わらず毎月決まった額だけ返済していくシステムなので、毎月の返済が楽だと思い選びました。

 

リボ払いには、元利定額リボルビング方式や残高スライド元利定額リボルビング方式、元利定率リボルビング方式などがあります。

 

返済方式ですが、それぞれにメリット、デメリットがあるのでよく確認しておくことが大事です。

 

 

カードローンのリボ払いは、利用残高に応じて、毎月の最低返済額が決まります。

 

たとえば、利用残高が20万円以内なら、毎月の返済額が5,000円になり、利用残高が20万円を超えるなら、毎月の返済額が1万円になります。

 

 

返済額がわかりやすいので、返済計画が立てやすく、毎月の返済額が少ないことがメリットといえます。

 

返済の途中で繰り上げ返済もでき、繰り上げ返済はすべて元金返済にあてられるので、利息も少なくなりますが、リボ払いは利用金額が増えても、毎月の返済額が変わらないので、返済期間が長引き利息がかさんでいくのが、デメリットといえます。

 

 

また、トータルすると支払う利息が大きくなるので、気をつけなければいけません。

 

私の場合ですが、リボ払いの仕組みをよく理解していない事で、たくさん借りていたら返済がなかなか終わらず苦労しましたので、できれば余裕がある時に、繰り上げ返済をして元金を少なくすることは大事です。

 


過払い金

関連ページ

クレジットカード強制解約
クレジットカードの強制解約によるデメリットなどをまとめてみました。
リボ払い 信用情報
リボ払いと信用情報への影響についてまとめました。
強制解約 信用情報
信用情報と強制解約に関する関連についてまとめました。
リボ払い 終わらない
クレジットカードの利用にあたり、リボ払いは便利ですが、一方で返済が全然進んでいないと感じる事も少なくないようです。
リボ払い 引き落とされてない
クレジットカードでリボ払いをする事で、便利な分割払いをするのはとても便利ですが、時に引き落としがかかわらなかった時には、ちょっと怖いと感じますよね。
リボ払い グレーゾーン金利
クレジットカードでリボ払いしたものはグレーゾーン金利と関係があるのでしょうか?
リボ払い 元金が減らない
リボ払いは、元金が減らないので、返済がとても大変です。ここではリボ地獄に陥った方の話を元に紹介したいと思います。
リボ払い 雪だるま
リボ払いが返済できず、雪だるま方式で返済金額や借金が増える恐怖の体験についてまとめました。
リボ払い 手数料 高い
リボ払いの手数料は、やっぱり高い・・・塵も積もれば山となるではないですが、利用には要注意です。
リボ払い 年収証明
リボ払いの利用やクレジットカード、キャッシングの利用に年収証明を提出する必要があるのでしょうか?
リボ払い 翌月
リボ払いを続けると、翌月の返済が大変になります。
リボ払い 利息制限法
リボ払いと利息制限法についてまとめていきたいと思います。
カード 強制解約 住宅ローン
カードの強制解約を受けると、住宅ローンの審査に影響が出たりするの??
リボ払い 複利
リボ払い 複利についてまとめていきたいと思います。