入学金払えない

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

入学金払えない

受験シーズンもいよいよ終盤、立春が2月4日なので、今一番寒い時期なのですが、受験業界は今一番熱い時期を迎えていますね。

 

そんな中、体調を崩されず、納得のいく受験シーズンを過ごして、春を迎えて頂けたらと思いますが、一方で子どもだけでなく、この時期は大人も頭が痛い時期です。

 

例えば、「子どもの進路先」という悩みの他に、「転勤、異動」という人事異動を気にしなければいけない時期でもあります。人事異動で単身赴任になるような事があると、生活費は倍かかりますし、必需品を揃えるだけでも相当な出費を強いられる事となります。

 

 

中でも、やっぱり大きいのが「子どもの学費」の問題かなと思います。

特に、「入学金」、「授業料」、「その他の支払い」は、入学時点では用意しておかなければいけないものですから、子どもの進路によっては、結構なお金を用意しておかなければいけません。

 

そのため、入学費を捻出する事で、生活にしわ寄せがきたり、手持ちがなくなる事で、一時的に消費者金融を利用する方も1月〜3月にかけて多く見られるのが、時期的な傾向としてあります。

 

 

もう一つの大きな出費は、滑り止めのための入学金の支払いです。

浪人ができなかったり、本命の大学を今後も受験する時に、滑り止めの学校に入学金の支払いをしておき、キープする場合があります。

 

しかも、支払いした入学金は戻ってくる事はありませんので、本命に合格した時は、本命と滑り止めのダブルで入学金を支払いする事となります。

 

しかも、金額的には私立大のケースで30万円ほどかかります(大学ごとに違います)ので、親としては複雑な心境ですが、子どもの将来を考えると、致し方ないのかなと諦めるしか無いところもあります。

 

 

これらのシステムは、中学校、高校、短大、専門学校、いずれの場合でも同じですので、滑り止めとしている場合は、二重にお金がかかるという事を理解の上で、受験を考える必要もあるという事ですね。

 

 

入学金や授業料の支払いから収支バランスが悪化する事も・・・

先ほども書かせて頂いた通り、入学金や授業料の負担は相当に重たいです。

 

そのため、生活に支障が出てきて借金を始める方、増やす方も多くいらっしゃいますが、逆にその事によって、収支バランスが悪化してしまうという方も多くいらっしゃいます。

 

また、お子さんが1人でない家庭も多くいらっしゃいますので、そうなるともはや支払いができなくなってしまう恐れがあります。

 

 

ライフイベントに向けての準備を怠らずに

一つのライフイベントで、今までの収支バランスを維持できずに返済不能となってきた方々をたくさん見てきましたし、借金を増やしてしまったケース、借金が減らずに悩んでいるケースの方も多くみています。

 

あなたがそうならないためにも、ライフイベントを予測した行動を前もって取っておく必要もありますし、もしローンなどに頼る事がある場合は、できるだけ低金利のローンを銀行を中心に相談してみるなど、無理のない返済計画を考えておくようにする事も忘れないようにして下さいね。

 

 

法律問題の解決に匿名の無料相談を!

 

「お金の悩み」解決サポートに、オススメなのが、日本法規さんの相談窓口の無料案内サービスです。

 

何よりうれしいのが、「無料」でかつ「匿名」で相談先を検索できる点、全国3,000箇所からあなたに最適な事務所探しが出来ますので、オススメです。

 

 

 


過払い金