過払い金和解後何日で入金される

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

過払い金和解後何日で入金される

過払い金和解後何日で入金される

過払い金で和解した後ですが、どれくらいで入金になるの??と心配な声もありますが、入金時期は和解内容に書かれた通りとなりますので、弁護士や司法書士へ確認を取るのが一番早いです。

 

例えば、和解契約の中に「和解後3ヶ月以内に入金」と書かれているケースでは、入金は3ヶ月以内(だいたい最終月の月初めや中頃)となりますし、入金先は代理人の口座番号となります。

 

そこから、費用計算を行い、諸費用を差し引いた残りが、手元に戻ってきますので、4ヶ月程度は掛かる可能性があると思って良いかと思いますが、あくまで最初の和解契約時点でどうなっているのかがポイントです。

 

長い場合であれば、入金までに和解後6ヶ月、1年というものもありますから、もし気長に待てない場合は、その旨をきちんと代理人にも伝えておく事が、和解までに求められる行動と言えそうですね。

 

過払い金 入金までの期間を一緒に読んで頂けると、理解が深まるかと思いますので、参考にどうぞ。

 

 

24時間常駐、匿名・チャットで相談できる弁護士事務所

 


過払い金和解相場

続いて、過払い金請求の和解相場についてですが、代理人請求なのか、本人請求によって、金額が異なってきます。

 

一般的には、代理人請求のほうが、和解額が高めとなっていて、7、8割程度、事務所によっては10割請求を求めるところもあります。逆に本人請求については、6割程度とも言われています。

 

 

錯誤無効って何?

ところで過払い金 和解で検索した際に補足情報として出てくる「過払い金 和解 錯誤無効」とあるのですが、これは一体何??と思ったので、調べてみたところ、「錯誤による和解契約は、無効とする判例がある」という事がわかりました。

 

和解とは、通常双方が妥協点を探りあって決めるもので、過払い金請求においても、貸金業者との間で和解締結される場合は、一旦和解されると無効にする事は、極めて異例の事です。

 

ただし、以下の様な例の場合は、そもそもが「錯誤(=誤認を与えるような行為)」であったため、いくら和解契約といっても認めるわけにはいかないので、無効とする旨が判決として出ています。

 

  • 利息制限法に違反する和解は無効

    利息制限法を超える金利を受け取る契約をする事は無効です。

  • 取引履歴を一部開示に留め、和解をしたものは無効

    債務者が取引の全部と認識していない場合錯誤による無効となります。

ただし、減額して和解をした場合、後日減額分を請求したいという事については、「認められません」ので、和解をする際には、慎重な判断を行わないと、あとで損をする事となりますので、ご注意下さいね。

 


過払い金

関連ページ

過払い金 入金までの期間
過払い金返還請求の手続きを開始し、返還があるまで期間としてはどれくらいかかるのだろうか??についてまとめました。
過払い金 平均
過払い金の返還請求額ですが、今では平均どれくらいの返還があるのか??そして交渉でどれくらいの返還率があるのかについてまとめました。
過払い金に税金はかかる
過払い金請求を行い、返還を受けるのは有難いのですが、税金がかかるのであればちょっと・・・と足踏みは必要でしょうか?
過払い金 延滞利息
過払い金請求時に延滞利息(損害金)を請求するかどうかをきちんと専門家と話し合ってから手続を開始しましょう。
過払い金 金額目安
過払い金の返還金額の目安はどれくらいか?そして和解した場合の返金はどれくらいかの目安は参考として知っておきましょう。
過払い金請求 期間 イオン
過払い金請求をイオンに行う際に、期間など気になる事はあるのでしょうか??