過払い金 訴訟費用

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

過払い金 訴訟費用

最近ではテレビコマーシャルなどでも過払い金に関するものをよく目にするようになりましたね。

 

では、この過払い金とはどのようなものなのでしょうか。

 

2010年6月に貸金業法が大幅に改正されることになり、キャッシングやカードローンの利息の上限は利息制限法により20%までと統一されましたが、実はそれ以前には出資法という法律があり、これを適用していた消費者金融などではこの出資法の上限金利が29.2%としていました。

 

つまり、出資法と利息制限法には金利に大きな差がでることになり、この差の部分においてはグレーゾーン金利といわれ、20%を超える金利を適用されていたものについては、現在の利息制限法に引き直して計算をし、過払い金として取り戻すことが可能になったのです。

 

 

ところで、過払い金請求ですが、各債権者と和解ができれば、問題はスムーズに解決に進みますが、そうもいかない場合もあります。

 

そんな時に、「裁判による解決(=訴訟)」を図る事もありますが、費用面で言えば以下のものがかかります。

 

  • 収入印紙 1万円前後(100万円の訴額で計算)
  • 郵送代 6,000円〜7,000円程度
  • 資格証明書の費用 1通で7000円程度

 

裁判費用は、敗訴した方が支払う事になりますが、訴訟外和解する場合、折半する事になります。

 

上記に合わせて弁護士費用がかかりますが、過払い金弁護士費用を参考にして下さい。

 

 

過払い金の訴訟費用、出せないときはどうなるの?

そして、過払い金の返還のためには返還訴訟を起こすことになりますが、たとえば今現在も借金問題で悩まれている方なんかは、その訴訟費用を払うことができない場合もありますね。

 

しかし、この訴訟費用に関しては、戻ってきた過払い金の中から支払う、といういわば「後払い」の形を採用している弁護士や司法書士事務所がほとんどです。

 

また、いくら戻ってくるのかということに関しては、無料相談などで明らかにしてもらえますので、まずは弁護士や司法書士事務所に相談をする事で、解決までのスピードが上がります。

 

 

当サイトでは、弁護士や司法書士でオススメの事務所を過払い金 弁護士 ランキング過払い金 司法書士 ランキングにてまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

 


過払い金

関連ページ

過払い金訴訟 流れ
過払い金請求は裁判(訴訟)を起こして全額回収しませんか?その場合の流れや費用概算についてまとめました。
過払い金訴訟
過払い金の請求で訴訟となった場合には、どのくらいの期間争われるの?そして訴状など自分で作成する場合のポイントは?