借金 カウンセリング

MENU

借金 カウンセリング記事一覧

借金が今いくらくらいあるの??って最初は把握しているのに、少しずつわからなくなってしまい、しまいには今いくら借りているのか把握していない・・・そんな方は、「多重債務」状態となっている可能性があり、要注意です。多重債務は、カード枚数だけで定義付けされますが、枚数よりも借入額が返済能力を超えている場合の方が、問題はより深刻な状態です。それでも、借入先を探すために、グレーな金融業者やついには闇金といった...

うつ病は、精神的なストレスが原因で、原因は特定されていないため、様々な要因が起因する事で起こる事でも知られています。そして、借金が原因でうつ病のような症状が出てくる事もありますので、借金の悩みを一人で抱える事は、大変危険です。例えば、借金をした原因によるものもありますし(=離婚、離職、休職、ギャンブルなどの事情)、借金の返済ができず取り立て(督促)が厳しくなった事も原因となり得ます。その他に摂食障...

借金を繰り返す家族(夫、妻、兄弟、親族、子どもや父親、母親)など、立場は違えど同じ行為で周りが苦しむことは多くあります。そうならないためにも、借金を繰り返さないためにはどうすれば良いか??と一番悩んでいるのは、実は本人だったりします。その苦しみがわかるからこそ、余計に周りの方も支援しようと必死になりますし、力になってくれます。しかし、一方で、借金をやめれない、依存症などと併発して、やめたくてもやめ...

借金依存症を治したい。でも簡単には治らないので、繰り返し借金を繰り返す方も多くいらっしゃる現状があります。これを心理学の観点からカウンセリングするとどのようになるのかをご紹介したいと思います。人の行動には必ず「意図」があるという考えが根本にあります。たとえば、水を飲むことによる意図はなんでしょう??これは「飲むことによって渇きを潤している」、「話をしやすくしている」など人それぞれの意図がありますよ...

借金を繰り返したり、借金グセが止まらない、そんな時にやめたくてもやめれないという時に、カウンセリングを受ける事が大事という点については、借金依存症 カウンセリングでも紹介させて頂いています。しかし、そう簡単に借金癖が治る事も期待できないし、何より疑っていては効果が半減です。ここでは、なぜ疑ってしまうのか??信用できないプロセスには、何がおきているのか??についてまとめてみました。心の中は常に50対...

借金がどんどん膨らんでいく理由の一つの「浪費」があります。浪費とは、「ムダなお買い物など、必要以上の出費によって行われる」ものなので、ムダを見直ししていく事も大事になるのですが、実は「浪費癖」という状態になっている場合が厄介で、すでに浪費する事が癖になっているわけです。そうなった時は、まずはメンタル部分のケアも含めて、借金依存症 カウンセリングで紹介している通り、一度カウンセラーによるカウンセリン...

借金依存症の方が克服するためには、病院へ行くことが必要になります。依存症とは、快感を得ているものが無くなると、その刺激がないことを不快に思い、精神的、肉体的に欲する状態のことを指します。借金の依存症になっているということは、お金がないと不安で仕方がない状態のことになります。逆を言えば、お金があれば非常に安心出来る状態ですが、自分が稼ぐ以上のお金を手にしないと安心できない状態になると、キャッシングや...

借金を繰り返し癖になっている方の多くが多重債務状態になっているとみられます。多重債務者の状況で特徴的な事を挙げるとすれば、心に余裕がなく、常に追い詰められているかのような日々を過ごしている自転車操業のように借入を繰り返し、借金が雪だるま式に増えていく。二次被害の犯罪に巻き込まれてしまう可能性がある。特に、上記のような特徴が見られる傾向が高いです。また、人によっては、犯罪に巻き込まれるケースがあった...