借金 うつ病

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

借金 うつ病 症状

うつ病は、精神的なストレスが原因で、原因は特定されていないため、様々な要因が起因する事で起こる事でも知られています。そして、借金が原因でうつ病のような症状が出てくる事もありますので、借金の悩みを一人で抱える事は、大変危険です。

 

例えば、借金をした原因によるものもありますし(=離婚、離職、休職、ギャンブルなどの事情)、借金の返済ができず取り立て(督促)が厳しくなった事も原因となり得ます。その他に摂食障害や脱毛症など身体にも影響を与える種類のストレスからうつ症状となる事もあります。

 

どんな場合でも、うつ状態で放置しておく事は、大変危険な事です。
=うつ症状が進行すると、気分晴らしにギャンブルやお酒などに走る事もあり、余計にお金がかかるので借金をする事もありえます。

 

 

そんな事がないように、うつ症状が出ている場合は、まずは精神科やカウンセラーなど、治療を始めるところから考える方が良いかと思います。

うつ病 借金 返済

それでも、うつの治療中でも借金返済をしなければ、何を言われるか、何をされるかわからない・・・

 

と不安に感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、借金返済を無理に続け、体調を壊してしまえば、元も子もないので、大事な事は「まずは自分の身を自分で守る事」だと思います。

 

うつ状態の際には、集中力が欠如したり、思考能力も相当低下する事もありますので、正常な判断ができない事もあります。一般的な金融会社であれば、少々の返済猶予や相談に乗ってくれるところはあるかもしれませんが、闇金などとなってくると、問題につけこんでくるので、今後の返還ができなくなる事もあります。

 

金融機関とはなるべく距離を取って、今後の事は、時間をかけて判断するようにしてみるのが良いかと思います。

 

 

例えば、長期休職する場合、労災が下りるのか?診断書が出るのか?この辺もきちんと確認しておきたいところです。

 

もし診断書などが出るのであれば、各金融機関に証拠として出すこともひとつの手段かもしれません。そうする事で、場合によっては「返済猶予」をしてくれたり、「債権放棄」の手続きを検討してくれるところもあるかも知れません。

 

 

まず、返済ありきと考えているうちは、おそらく相談してみようといいう考えには至らないと思いますし、今の窮状を伝える事もできず、余計に悩んでしまうだけですので、何も改善には向かいませんので気をつけて下さいね。

 

過払い金無料診断 一緒に読まれている記事はこちら

 

  1. 借金 打ち明ける
  2.  

  3. 借金生活からの脱出
  4.  

  5. 借金で生活が苦しい

 


過払い金

関連ページ

借金いくらある
借金が今いくらあるのか?わからない方でも問題解決は可能です。
借金 繰り返す
借金を繰り返すのは、心理的なもの?病気なの?家族に迷惑をかけないためにも、家族にいる場合でも対処できる方法をまとめます。
借金依存症 カウンセリング
借金問題は依存症と密接な関係があります、有効なカウンセリングについてプロのセラピストに教えていただきました。
借金 やめさせるには
借金問題でうつ、依存症となってもカウンセリングや悩み解放する事は可能です。
借金 浪費
借金問題でうつ、依存症となってもカウンセリングや悩み解放する事は可能です。
借金依存症 治療
借金依存症をカウンセリングだけでなく、治療行為を行うのはどうやって行なわれるのでしょうか?
借金癖を治す
借金癖を治すのは簡単な事ではありません。借金癖の方に出やすい特徴を知る事で、対処法を考えましょう。