借金依存症 治療

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

借金依存症 治療

借金依存症の方が克服するためには、病院へ行くことが必要になります。

 

依存症とは、快感を得ているものが無くなると、その刺激がないことを不快に思い、精神的、肉体的に欲する状態のことを指します。

 

借金の依存症になっているということは、お金がないと不安で仕方がない状態のことになります。

 

 

逆を言えば、お金があれば非常に安心出来る状態ですが、自分が稼ぐ以上のお金を手にしないと安心できない状態になると、キャッシングやカードローンでお金を借りる行為に走ってしまいます。

 

また、長期化した場合には、お金が返済できず非常に危険な状態になると思われます。そのため、早期の治療で少しでも借金に依存しない生活へと戻す必要があります。

 

 

最初の一歩は、自己開示からです。

依存症の治療の第一歩は、本人が「借金依存症だということを認める」ことから始まります。

 

これが時間がかかりますが、これができないことには何も始まりません。

 

また、本人だけでは難しいこともありますので、ゆっくりと本人を刺激しないようにしつつ、事実を伝え少しずつ心の壁を砕いていく作業から始まります。

 

 

家族がいる場合は、全員で協力することから始まります。

この後はカウンセリングなども効果がありますが、どちらかといえばリハビリセンターに通い、同じような境遇の人と話したり、そこから脱却した方の話をきいたりする「自助グループ」による、リハビリで時間をかけて行く方法になります。

 

依存症は精神科の領域になりますので、精神科医と、グループでのリハビリとの両面からサポートしていくことで正常な社会復帰を目標としていきます。

 

 

薬などは精神科医、心療内科医によりますが、「精神安定剤」のようなものは出るかもしれません。

 

依存症からの復帰は長期に渡ることが多いようですので、家族の中に前兆が見られる場合には、一度専門家へ相談される事も、早期対応としては必要な事と言えそうですね。

 

 


過払い金

関連ページ

借金いくらある
借金が今いくらあるのか?わからない方でも問題解決は可能です。
借金 うつ病
借金返済が原因でうつ病の症状を持った方は要注意です。休職するとか、生活保護を受けるなど治療も視野に入れたいものです。
借金 繰り返す
借金を繰り返すのは、心理的なもの?病気なの?家族に迷惑をかけないためにも、家族にいる場合でも対処できる方法をまとめます。
借金依存症 カウンセリング
借金問題は依存症と密接な関係があります、有効なカウンセリングについてプロのセラピストに教えていただきました。
借金 やめさせるには
借金問題でうつ、依存症となってもカウンセリングや悩み解放する事は可能です。
借金 浪費
借金問題でうつ、依存症となってもカウンセリングや悩み解放する事は可能です。
借金癖を治す
借金癖を治すのは簡単な事ではありません。借金癖の方に出やすい特徴を知る事で、対処法を考えましょう。