過払い金請求

MENU

過払い金請求記事一覧

過払い金請求をする時には、一筋縄で全額回収する事はできません。多くの消費者金融は、グレーゾーン金利や過払い金問題で相当疲弊していて、業績悪化が見られますので、なるべく費用を抑えられるように必死に交渉、抵抗してきます。一方、債務者の代理人となる弁護士や司法書士ですが、債務者の意向も組みながら交渉に望むのですが、同時に消費者金融との過去にやりとりしてきた実績もあるので、方針によっては早期和解を促す事も...

弁護士と司法書士の大きな違いは、取り扱える業務範囲の違いです。過払い金の請求は、過去の法律では弁護士のみが代理人として活動できるようになっていたのですが、法律変更があり、一定権限までは認定された司法書士(=以下、認定司法書士)に限っては、代理人として報酬を得る目的で扱う事ができるようになりました。それ以外の人、もしくは権限外の業務を行った認定司法書士に関しては、「非弁行為」と呼ばれる違反行為となる...

過払い金の請求ですが、消費者金融など(=以下、債権者)の抵抗が強く、一筋縄で交渉が進みません。これは、代理人を立てて手続きしたケースでも、自分で請求した場合でも、いずれでも同じで、請求額に対して減額交渉を行ってくる傾向が、今でもあります。それだけ、費用圧縮のため債権者も頑張っていると言えるのですが、簡単に屈するわけにはいきませんし、自らの主張が正しいものと認めてもらうためには、裁判に持ち込むケース...

過払い金請求の問題でよく「時効は10年です」と見かけますが、あれは「請求できるのが完済後10年以内」という事で、相談できる期間ではありません。よって、「まだ相談しても間に合うのかな??」と疑問に思われている方こそ、急いで借金問題解決のためにも相談を行われる事をオススメします。=時効については、過払い金の時効で述べていますので、参考にして下さい。特に、先ほど述べた通り、すでに借金の返済を終えている方...

過払い金の請求に「メリットって何??」だったり、「デメリットってあるの??」について、きちんとした理解があればより請求しやすいのではないか??と思いましたので、ここでは過払い金請求のメリットとデメリットについてまとめてみました。過払い金のメリット税金対象とならない(利息部分は雑所得)現金が手に入る。現在も借金がある場合は、借金がすべてチャラとなった上で、現金が戻ってくる。信用情報には「完済情報」と...

過払い金が発生しているかどうかは、ある程度の事であればヒアリングだけで大体の目安はわかります。よって、最初の弁護士や司法書士などとの無料相談の際に、債務調査(どれくらいの借り入れ、件数、期間、毎月の返済額など)を確認した時点で、おおまかな債務整理の方向性を決める事ができるのです。この時に、相談者が「取引履歴」と呼ばれる過去の取引を一覧にしたものを持参した場合は、担当者によっては、計算までしてくれる...

過払い金請求をする前に、まずはプロの無料診断を受けよう!過払い金についてですが、請求手続きをする前に、「いくらぐらいの請求が可能か?」、「どれくらいの期間で返還を予定しているか?」、「費用はどれくらいかかるものなのか?」などを最初に無料診断しておくと、後々の手続きがずいぶんとラクになるかと思います。大事な事は、過払い金を取り戻せるのかどうか??という点だと思うのですが、すべては無料診断を受けて頂く...

過払い金請求の際に、しばしば上告されたり、争われた事項の一つに「期限の利益」があります。まず期限の利益についての簡単な解説ですが、「金銭の貸し借りにおいて、返済期日までは借金を返さなくても良いという、債務者の利益を守るもの」で、金融機関でお金を借りる際には、「期限の利益喪失特約条項」が付帯されていますので、必ずチェックしましょう。この条項に違反した時、期限の利益を喪失し、一時に返済するもしくは督促...

過払い金の請求をするために、必要な書類ですが、例えば相談するだけであれば、特に用意する書類はありません。そうは言っても、何かしら書類があった方が具体的な相談はできるかと思いますので、例えば画像のような「毎月の領収書」などがあれば、現在の残高、利用日数、支払い金額、利息を計算する事で、契約内容がだいたいわかります。これで、グレーゾーン金利で利用しているかどうかを確認する事が、一応の目安としてできるか...

過払い金請求ですが、消費者金融や銀行系カードローンなど、借金をしているだけで発生するわけではなく、右図の通り「グレーゾーン金利」で利用している取引を引き直し計算する事で発生しているか確認する事ができます。また、過払い金が発生している事を知りながら(もしくは計算したところ、過払い金が発生している事がわかった場合も含めて)、そのまま放置して請求しないケースは、発生していても戻ってくることはありません。...

「過払い金が狙われる相次ぐ弁護士トラブル」と聞くと、大変仰々しいところもありますが、それだけ過払い金がビジネスとして旨味があるという事の裏返しと言えます。数年前の話ですが、平成19年の最高裁判例があってから、弁護士や司法書士による過払い金請求が急激に増加し、過払い金だけで大儲けする弁護士や司法書士が増加しました。マスコミでは「過払い金バブル」と比喩されていた事もあったくらいで、今でも件数は減ってき...

過払い金の請求を考える際に、費用を比較する事は、重要なポイントです。理由は明確で、過払い金請求の際に、少しでも費用を抑える事で、手元に戻ってくるお金が増える=つまり、今後の生活資金だったり、内緒での請求であれば、隠し財産にもできるからです。しかし、そうは言っても、そんなに費用に大きな差異はないでしょ??と思うところがあるかも知れませんが、細かいところで違いがありますので、ここではどんなものが費用と...

過払い金請求をする際に、事務所選びは大事ですし費用を抑える事も大事です。しかし、それ以上にもっと大事な事は、「事務所の評判」です。いくら費用が安くても、事務所のスタッフや代理人が横柄だったり、やる気を感じなかったり、事務的な応対をされると、なんだか頼む気もなくなりますし、何より気分を害するので、やめた方が良いでしょう。では、そんな事務所を選ばないためにはどうすれば良いか??ですが、もちろん口コミや...

過払い金の報酬がどれくらいかかるのか??そして相場はいくらくらいなのか?はきちんと把握しておく必要があります。過払い金の請求にあたり、初期費用を少しでも抑えるのは、借金問題に苦しむ方だと、誰でも同じ認識の共通問題かと思います。一方、過払い金請求をする事で、今ある借金から開放されます。過払い金とは、現時点での借金を引き直し計算する事で、払い過ぎた利息を計算する事になるので、過払い金が発生した時点で、...

過払い金請求の費用を概算で見積もりを取得し、費用がいくらかきちんと把握しておく事で、どれくらいの返金が見込めるのか??費用をいつまでに、どれくらい用意しておくのかがわかります。この概算を間違えてしまうと、借金の減額だけしかメリットがなくなり、費用倒れしてしまう事もありますので、注意が必要です。そのためにも、どれだけの費用がかかるのか??については、まずは費用の中身をきちんと把握するところから始める...

過払い金を着手金0円で請求手続きを進める方法を御存知でしょうか??簡単にいえば、「代理人選びをする際に、着手金は発生するかどうかをきちんと確認する事」です。適当に代理人選びをするのではなく、きちんと自分に合った代理人かどうかを見極めた上で、手続へと進めるようにしましょう。ところで、代理人選びにポイントはあるのか??という疑問もありますが、その点は、過払い金法律事務所口コミや過払い金請求 評判でも紹...

過払い金返還請求の手続を得意とする事務所って、全国に数多くありますし、弁護士でも司法書士でも実績をたくさんあげていますが、実際のところどうやって選べば良いの??という疑問も一方でありますので、ここでは事務所選びのコツに絞って、深く掘り下げていきたいと思います。過払い金請求 評判でも紹介しているのですが、スタッフや代理人の「コミュニケーション能力や応対力を判断するコツ」としてメラビアンの法則を参考に...

過払い金の請求をする際には、現行の取引を利息制限法の残高に計算する必要があり、この計算した残高がマイナスになっているものがいわゆる「過払い金」となります。この計算の事を「引き直し計算」と呼ぶのですが、取引履歴を用意して自分で一から計算するとなると、相当面倒ですし、計算ミスも考えられます。多く請求する分には損をしませんが、計算ミスの結果、請求額を少なく見積もってしまっては、勿体無いですし、過払い金請...

消費者金融業者などから融資を受けている人は数多くいらっしゃいますし、金融業者からの借り入れは金利が大きくなることが考えられます。2010年に貸金業法が改正されましたが、それ以前においては利息制限法とは別に出資法に基づいて融資を行っていた金融業者がたくさんありました。そのために法律で決められている制限を超えている金利で借り入れを行っている人も多く存在しており、自分も該当すると感じている人もいるでしょ...

消費者金融をはじめとして銀行やクレジットカード会社においても、貸金業法が改正される以前の場合には、法律で決められている利息を超えた金利で融資が行われていた可能性があります。カードローンやその他の各種ローンを利用している人は多いですので、自分が払い過ぎている利息が発生しているのではないかと感じている人もいらっしゃるでしょう。過払い金が発生しているかもしれないと気になるときには、どこに相談をすればよい...

過払い金請求を優良弁護士に頼む事には、相当のメリットがあります。本来払う必要がないお金まで払っていることから、過払い金を請求する人も多くなりました。個人でもできる請求ですが、やはりプロの法律家に頼むほうが確実で早くなります。弁護士か司法書士に依頼することになります。弁護士や司法書士に依頼するため一度相談することになりますが、多くの事務所は相談だけでもお金が発生します。しかし、過払い金請求に限り、相...

近年テレビコマーシャルなどで盛んに周知されるようになったのが過払い金です。大変な思いをして返した自分の借金に払いすぎた分があるならば、全て返してもらいたいと思うのは、当然の人の気持ちです。しかし、自分で債権を持つ会社と交渉するのは大変です。そのために、プロに頼む必要が出てきますが、過払い金の請求を考えたときに誰に頼めばよいのか分らないという人は少なくありません。テレビコマーシャルなどでは、司法書士...

過去の消費者金融業者などから借り入れを行っていた経験のある人、または現在においても金融業者からの借り入れを継続している人については、過去に取り引きを遡ることで過払い金が発生しているケースも多数あります。貸金業法の改正が行われる以前においては、現在の金利についての法律である利息制限法ではなく出資法という法律に基づいて融資を行ってきた消費者金融業者などがたくさんありますので、出資法による利息は現在の利...

消費者金融やクレジットカードを利用することで、金利の支払いを行っている人も多いと思います。法律上の権利として定められている以上の金利を支払ってしまったときには、過払い金として返還することが可能です。しかし、金融業者との取り引きを行っている人の中には、どのような手続きを行えば良いかわからない人も多いでしょう。弁護士や司法書士に相談すれば過払い金は本当に取り戻せます日本の法律では利息制限法というものが...

貸金業者から借り入れを行っている場合には、利息分が大きく膨らんで返済ができなくなるケースに陥る人もいらっしゃるでしょう。貸金業者からの借り入れを行っているときには、利息についてしっかりと調べることによって払い過ぎている利息分が発生していることがあります。長年にわたって貸金業者から融資を受けているときは、利息制限法を超えた金利での支払いをしている人がいますので、過払い金については取り戻すことが可能で...

過払い金があるかどうかは、どうすれば分かりますか??消費者金融のキャッシングを長期間利用していた場合には、過払い金を請求することで払いすぎたお金を取り戻せるかもしれません。これは、いわゆるグレーゾーンで借りていた場合に発生するもので、金額が大きく期間が長いほど戻ってくるお金は大きくなります。しかし、実際には過払い金があるかどうか、或は、あるとしてもどのくらいの金額なのか素人にはなかなか分かりません...

消費者金融などの貸金業者は、貸金業法などの法律に基づいて貸出業務を行いますが、法律で定められた上限金利を超えた利息支払いを受けているところがあり、利用者は払いすぎた利息を過払い金として請求することが出来ます。過払い金の請求は、残債の有無にかかわらず発生する可能性があり、返済が終わった方でも、過払い金の返還が受けられることがあります。ただし、返済済みの債権には時効がありますので要注意です。過払い金と...

過払い金とは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングで払い過ぎた利息のことを指します。多くの人が過去利用したことがあったり、または現在も利用しているのではないでしょうか。そのような方、すべてに過払い金が存在するかは分かりません。利息を制限する出資法や利息制限法も以前と比べてかなり内容が変わっています。その他、相手先の消費者金融やクレジットカード会社の大半は専門部署を設け、手練れの社員が少しでも...

過払い金とは、消費者金融業者などの金融機関から借り入れを行った際に、利息制限法で定める制限利率を超える利息分にあたる、払いすぎた金額を返還させる手続きのことです。このような法律で定めた以上の過払いが生じる原因は、利息制限法と出資法の範囲の違いによる、グレーゾーン金利が原因です。従来はこれらの過払い金の返還は困難でしたが、最高裁判所の判例により返還請求が可能になったため、返還訴訟がおこされるようにな...

過払い金の仕組みはどうなっているの?についてご存知でしょうか??多くの金融業者は、利息制限法(15〜18%)を超えて出資法(〜29.2%)の上限の範囲内の、いわゆるグレーゾーン金利で融資を行っていました。民法上、グレーゾーン金利の部分は無効となるため、支払った超過分を元本に充当することができます。法定利率で計算し直した結果、実際には元本がなくなっているのに支払いを続けた場合に過払い金が発生します。...

払い過ぎたお金を取り戻すことができる過払い金請求の相談も、贈与税の相談も弁護士や司法書士に相談や依頼することでスムーズに解決することになります。まずはプロに相談することをおすすめします。自分でできることでもありますが、過払い金も贈与税も特別な知識があればあるほど、得をすることがあります。そしてその知識と知恵は私たちが想像できないようなアイデアを、弁護士や司法書士は持っています。今まで貸金業者との取...

過払い金の請求先は、どこでも良いわけではありません。とりわけ代位弁済しているケースは注意が必要です。借金の任意整理をする時は、まず貸金業者に対して取引履歴の開示を請求して過払い金を計算しますが、銀行のローンを整理する場合には要注意です。これは当初の金銭消費貸借契約において、多くの場合銀行の系列の保証会社と保証契約も結んでいるためです。そして銀行に任意整理受任の通知が届くと、直ちに保証会社が銀行に対...

最近では街中や電車の中など多くの場所で借金の過払い金が取り戻せますと言った広告を目にすることが増えました。そのくらい借金返済の際に余分なお金を支払っている人が多いのです。推計ではありますが手続きをするだけで過払い金が戻ってくる対象の人が数百万人いるとされています。そもそも過払い金というのは消費者金融などでお金を借りる際の利子が法律で定められている率よりも大きく設定されている場合に発生します。法律で...

過払い金返還請求を考える際には、まずは「自分が過払い金請求ができるかどうか」を考えるところから始めないといけません。そのため、自分の過去の取引に過払いが発生しているかどうかを確認するところから始める事となりますが、そのために必要なのが、「取引開示請求」の段階です。取引開示請求が必要な理由は・・・自分の過払い金が発生しているかどうか、誰かが教えてくれると良いのですが、貸金業者も支払したくありませんの...