借金整理

MENU

借金整理記事一覧

まずは、債務整理の前に借金の取り立てから解放されるように無料相談から始めませんか?借金問題で困っている方が、まず思い浮かぶのが、「弁護士や司法書士などの専門家に相談する」という事です。中でも、弁護士は法律の知識、経験も豊富で、何より社会的地位が高いため、信用できる職種のため、確実にあなたの借金問題の解決をサポートする事が可能です。そのため、多くの弁護士事務所では、借金問題を相談しやすいように、「メ...

借金の時効についてですが、民法と商法の定めによって、時効援用までの年数が違ってきます。具体例としては、民法第167条 債権は、10年間行使しないと消滅する。商法第522条 商行為によって生じた債権は、・・・5年間行使しないときは、時効によって消滅するとなっています。民法は、個人間のやりとりに関する民事紛争を解決するために適用される法律であるのに対し、商法は商取引に関する法律ですので、消費者金融など...

借金返済に困った時、「もう自己破産しかないのかな・・・」と思う前に、その他に何か借金整理ができる方法がないか??を探してみると良いかも知れません。もちろん、全員が救われる方法ではないかも知れませんが、それでも自己破産をするまでもない事もありますので、任意整理をうまく活用する事でのメリット、そしてメリットだけでなくデメリットもきちんと抑えておく必要がありますので、デメリットについてもまとめました。任...

過払い金の請求ができるかどうかの条件があるとすれば、「消費者金融などでグレーゾーン金利で借り入れしていたかどうか」だけだと思います。特に、何年以上借り入れしていないければならない。毎月の返済を遅れずしていなければならない。元金がいくら以上なければならない。完済しなければ、請求ができないなどという事は、一切ありませんし、過払い金が発生していれば、誰でも請求が可能です。ただし、一つだけ気をつけたいのが...

「あなたの借金、払いすぎていませんか?」と言ったフレーズの広告、CMなどをご覧になった事ありませんか??また、他のフレーズだと、「過払い金の請求できるのは、10年です」と言った表現です。両者とも同じ意味を指していて、「あなたの借金を調べてみると、実は結構払いすぎている部分があり、その事を過払い金請求という名称で呼ばれている」という事です。まず、借金の払いすぎについてですが、これは個人間の借金という...

借金を返済せずに訴えられた!そんな時の解決法借金問題を抱え、多重債務に陥ってしまった方というのは、基本的に借金の返済のためにまた新たな借り入れをするという負のスパイラルに陥り、どんどんその額が膨らんでしまう傾向にあります。そうしていくうちに、返済事態が困難となり延滞を繰り返し、最終的には返せないという状態にまでなってしまうことがあります。【関連記事】 借金生活からの脱出もちろん、そのまま借金を踏み...

借金問題で裁判を起こされる前に借金の返済を滞納して裁判を起こされたのに無視したらどうなるの??貸金業者が債務者に対して裁判を起こす場合、債務者から一切連絡がないので話し合いをしたいという目的で起こす場合が少なくありません。その場合、債務者が裁判に出廷して、分割払いで返済したいと言ってきたらその申し出に応じることもあります。勿論、貸金業者にとっては一括で借金を返済してくれるのが一番いいのですが、借金...

借金の催促時効について借金で困っている人は多いと思います。通常、借りたお金は返すものという常識があるため、あまり話題にはならないものですが、実は借金にも時効があります。一般的には10年といわれていますが、さらに銀行や貸金業者などお金を貸すことを商売としている場合には、商事取引による時効が適用され、5年で時効となります。そんなに短いのかと思う人は多いと思いますが、この時効が成立するためには、様々な前...

口座の差し押さえは借金だけが原因ではない借金による口座の差し押さえは、家族にも影響があります。借金返済の滞納により「財産を差し押さえられる」場合が、これに当たります。この言葉だけでも恐ろしさを感じますが、それによる影響は自身だけではなく家族にも及びます。同居している家族の生活がままならなくなり、最悪の場合は一家離散という事態にまで陥ってしまいます。借金はそれだけ周囲に影響を与えるもので、自分だけの...

借金を長期間滞納して裁判を起こされる前に借金の返済を放置するとろくな事はありません。消費者金融や銀行からの借金を返済しないまま放置してしまうと、必ず取り立てが行われます。最初のうちは取り立て方法も穏やかで女性のオペレーターが電話をかけてきて、返済日を忘れていませんかと問いかけてくるようなものですが、返済の遅れが長くなると、内容は厳しいものになっていきます。たとえば、自宅に送られる督促状に、このまま...

調停による借金の返済とは?借金を調停により、返済するための費用ってどれくらいかかるのだろう??と気になったので調べました。調停をもちかけることにより、借金の額を軽減することも可能です。簡易裁判所が仲介して、債務者と債権者の話し合いの場をもたせ、債務者に新しい生活への一歩を歩ませる支援になります。必ずしも債務者にとって有効な手段ではない場合はあり、債権者も協力的ではない場合がありますので、弁護士や司...

借金の帳消しは専門家に依頼するのが良いのは本当?現在においてはクレジットカードを多数利用してしまったために多重債務に陥っている人や、消費者金融業者などのカードローンを使って借り入れをすることで返済不能になっている人が日本に大勢いると言われています。各種金融業者から借り入れを行って返済が不能になってしまったときには、どのようにして問題を解決することが可能なのでしょうか。金融業者からの借金問題について...

借金は、消費者金融で借入する場合は、原則的に「無担保、無保証」という事で、抵当権とは関係がないのですが、銀行系のローンなどについては、抵当権が入るものがほとんどです。例えば、住宅ローンが一番わかりやすい例だと思いますが、「第一抵当」、「第二抵当」と順番に登記されていき、強制執行となった場合は、上から順番に抵当権を行使する事となります。借金との関連性の強い話題と言えますので、ここでは、借金と抵当の関...

借金に困ったら民事再生を検討するのは、債務整理の中でもありえる話です。そもそも民事再生はどんなケースでも手続ができるのか?また、民事再生の手続をした後に借金をするとどうなるの??という点が気になりましたので、参考にまとめました。ギャンブルなどの借金を民事再生で解決いつの時代も借金に苦しんでいる人は多く存在します。それがギャンブルであったり経営難であったりと、それが民間人であるか法人であるのかについ...

借金は法律と密接な関係にあります。そのため、素人ではわかりにくい事も多いのですが。ここでは、和解時効に関して、色々とまとめていきます。借金には終わりがあるもの「借金は永遠について回るもの??」という解釈をしている方が多いですが、実は借金にも時効があり、一般的な商取引の場合には、基本的には5年間で時効が成立します。ですから、5年間逃げ切れば、その方には返済の義務がなくなるということになります。しかし...

借金による強制執行の解決は弁護士へ借金を期限までに返さない場合、強制執行される可能性があります。強制執行とはお金や換金できる可能性があるものを差し押さえることです。一般人にはその権限はありませんので、裁判所に訴えて判決をもらう必要があります。特例として行政機関には強制執行の権限がありますので、税金を滞納した場合などに差し押さえられることもあります。その効力は個人の財産全てに及びますので、無職で収入...

借金を返済出来なくても強制執行の流れを回避する消費者金融などからお金を借りて、そのお金を返済せずに訴えられた場合、裁判ということになります。債務者は被告として出廷することになります。裁判では基本的に貸金業者との和解を勧められます。たとえば、一括で返済出来ないようであれば分割で返済するということにしたらどうかと勧められて、債権者である貸金業者と債務者が話し合い、分割での返済で構わない、毎月この金額を...

借金の取り立てに困っていませんか??そんな時に、何から始めてみれば良いのか?誰に相談して良いのか?あまり事を大げさにしたくないという方でも、一度頭を整理するという意味でも、こちらの内容を確認頂ければと思います。借金の取り立てに対する、警察の対応は?もしも、借金の取り立てに、あまりにも乱暴な方法をとられているのであれば、すぐに警察に相談してみましょう。ただし、その場しのぎの対応しかしてもらえないなど...

弁護士に相談することで、借金の取り立てを防ぐ事ができる事、取り立てを止める事ができるのをご存知でしょうか??信販会社や消費者金融業者など、借り入れのサービスを行っている貸金業者は数多くあります。貸金業者から融資を受けている人も多いと考えられますが、借り入れたお金に加えて金利分の支払いをする必要もありますので、返済金額が多額に上ることもあります。貸金業者からの借り入れについて支払い期日までに返済がで...

借金を返しやすくする任意整理について、費用や保証人への影響、そして結婚への影響があるのか??ヤフー知恵袋を見ていて質問を見つけましたので、色々と調べてみました。借金を返しやすくする任意整理の費用について借金を整理するのに任意整理を選択した場合、費用はどのくらいかかるのでしょう。これは、弁護士事務所や司法書士事務所によってことなりますが、多くの場合は着手金として1社あたり4万円強が必要となり、さらに...

借金を返済できない時はデメリットの少ない任意整理を借金を返済できなくなった場合、あなたはどのような手段を取りますか。まず借入先に相談して、返済計画を見直してもらうのがいいでしょう。特に、収入が少なくなって返済ができない場合には、この方法がお勧めです。しかし、それでも返済が苦しい場合は、債務整理を行うのが最善の策です。その債務整理ですが、大きく分けて任意整理と自己破産があります。前者は借金を一定期間...

借金の早期返済を目指すなら任意整理がオススメなのか??その他の方法と比べてメリットについてまとめてみました。もしも、様々な事情でカードローンやキャッシングなどの借金が膨らんでしまったら、一人で悩みを抱え込まずに早めに弁護士や司法書士などの法律の専門家にアドバイスを求めるようにしましょう。弁護士事務所などでは、多くのところで初回無料相談を実施しています。勇気を出して相談してみることをおススメします。...