借金の時効

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

借金の時効は何年

借金の時効についてですが、民法と商法の定めによって、時効援用までの年数が違ってきます。

 

具体例としては、

  • 民法第167条 債権は、10年間行使しないと消滅する。
  • 商法第522条 商行為によって生じた債権は、・・・5年間行使しないときは、時効によって消滅する

となっています。

 

民法は、個人間のやりとりに関する民事紛争を解決するために適用される法律であるのに対し、商法は商取引に関する法律ですので、消費者金融などの会社(法人)相手に借金をしたケースでは、商法における「5年で消滅時効の援用」となるのが、一般です。
※商法は、民法における特別法ですので、優先されます。

 

あと一つ、「期日が決まっているケース(確定期日)」と「期日に定めがないケース(不確定期日)」のケースでは、時効援用の起算日が変わってきますので、この点はきちんと理解した方が良いかと思いますので、具体例を挙げながら紹介したいと思います。

 

確定期日のあるケース

2014年1月26日 消費者金融より借り入れ(金銭消費貸借契約を交わす。)
2014年2月25日 第一回目の返済期日
2014年2月26日 時効の進行が開始します。

 

借り入れ以後に、返済が一度も行われていない時は、第一回返済期日の翌日より進行となりますが、1回以上返済があった時は、最後に返済した(最終弁済日)翌日から時効の進行が進む事となります。

 

 

不確定期日のケース

2014年1月26日 借り入れ(金銭消費貸借契約を交わす。)
返済期日の定めなし。
2014年1月27日 時効の進行が開始します。

 

上記の場合は、契約日の翌日から時効の進行が開始となりますが、1回以上返済があった時は、最後に返済した(最終弁済日)翌日から時効の進行が進む事となります。

 

 

※上記の時効の進行は、途中で「時効の中断事由」がない場合に、進行し成立となります。

 

 

 

  1. 時効の援用や中断事由については、⇒ 借金援用
  2. 時効援用時の内容証明や、信用情報への報告内容などについては、⇒ 借金 時効 援用

こちらで詳しくまとめていますので、一緒に読んで頂けると理解が深まるかと思います。

借金の時効 個人

ところで、借金の時効ですが「個人間でお金の貸し借りをした場合はどうなるの??」という疑問が残ります。

 

個人間の借金については、民法166条の定めにより、「消滅時効は、権利を行使することができる時から進行する」となっていて、続いて民法167条には「債権は、十年間行使しないときは、消滅する。 」となっていますので、10年間の時効援用までの時間があると考えられます。

 

そして、この10年の起算日を「権利を行使することができる時」から考えるので、お金を貸した時から10年となるのですが、その後に弁済があった場合は、「最終弁済日」を起算日とする考え方になるのが、一般的な考え方です。

 


過払い金

関連ページ

借金 弁護士 無料相談
借金の無料相談は弁護士がオススメ、検索方法や気になる相談費用などをまとめていきます。
借金任意整理
借金返済に困った時に、任意整理は大変便利な債務整理の方法です。メリットやデメリットと一緒に紹介したいと思います。
借金過払い金
借金返済に困った時、債務整理を検討していますか?中でも過払い金請求ができる場合には、積極的に手続きする事をオススメします。
借金 払いすぎ
借金は返済するもの??実はそれは思い込みかもしれません。借金返済を終えて払いすぎている可能性がある時は、専門家に相談すると一気に解決する事もあります。
借金 訴えられた
借金を返済できず訴えられたら、どうすれば良いか?そしてどうするべきかをまとめました。
借金 裁判
借金が払えない場合、裁判になって無視しているとロクな事がありません。無視せず払えなくてもきちんと対処しましょう。
借金 催促時効
借金の督促(催促)にも時効はあるの??取り立てを受けない平穏な日々を送るために知っておきたい事のまとめです。
借金 差し押さえ
借金で差押えされるものは何?家族に迷惑をかけないためにも強制執行を受けないように気をつけましょう。
借金 滞納 裁判
借金が長期延滞(滞納)となると、裁判されたり差し押さえされたりしますので、要注意です。そうならないためにどうすれば良いか??についてもまとめます。
借金 調停
借金が原因で離婚、調停とならないためにも基本となる情報だけでも知っておきましょう。
借金 帳消し
借金を帳消しにする事が可能なの?今借金問題に悩んでいる場合に、まずやるべき事についてまとめました。
借金 抵当
借金に抵当権をついている際の時効や競売について関連する情報は知っておかないと、後で損をしますので気をつけましょう。
借金 民事再生
ギャンブルが借金の原因の場合は民事再生できるの?また民事再生後の借金は債務整理できる?
借金 和解時効
借金返済には和解などの債務整理もあれば、時効を迎えているケースもありますので、それぞれの判断が必要です。
借金 強制執行
借金が原因で強制執行をされた際に、焦ってしまいますけど、落ち着いて対処できるように最低限の知識は知っておきましょう。
借金 強制執行 回避
借金延滞で強制執行されないように、強制執行回避のためにも流れを知っておきましょう。
借金 取り立て
借金の取り立てに悩んでいる方は必見です。警察へ相談できる?法律ではどうなっているの?など解説しています。
借金 取り立て 弁護士
借金の取り立てに悩んだ時、疲れた時に弁護士への相談は有効です。専門家の意見を聞いて、債務整理を進めませんか?
借金 任意整理 費用
借金に困った時に有効な債務整理の方法として任意整理がありますが、費用や詳細な事をまとめました。
借金 任意整理 デメリット
借金整理や任意整理のデメリットってあるの??あればどんな事がデメリットになるのかを紹介します。
借金 任意整理 早期返済
借金の解決に任意整理は早期返済のためになるのか??についてまとめました。