借金任意整理

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

借金任意整理費用

借金返済に困った時、「もう自己破産しかないのかな・・・」と思う前に、その他に何か借金整理ができる方法がないか??を探してみると良いかも知れません。

 

もちろん、全員が救われる方法ではないかも知れませんが、それでも自己破産をするまでもない事もありますので、任意整理をうまく活用する事でのメリット、そしてメリットだけでなくデメリットもきちんと抑えておく必要がありますので、デメリットについてもまとめました。

 

任意整理の進め方

任意整理とは、債権者との話し合いによって、借金を減額したり、将来利息のカット、毎月の返済額を調整したりと、今後も支払を継続できるように借金返済の前向きな相談が行われます。

 

多くの方は、法律の知識もなく、任意整理の経験もありませんので、弁護士や司法書士といった、借金相談のスペシャリストに任せる事をしています。
※もちろん自分で交渉する事も可能です。

 

 

まず、代理人がいるケースでは、受任契約が交わされると「受任通知」と呼ばれる、代理人となった旨を債権者に通知する事になります。

 

受任通知には、

  • 過去の取引履歴の開示に応じるように(原則2週間以内で)
  • 今後の督促(取り立て)行為は自粛し、連絡は代理人の方にする事。

が書かれていて、債権者からの取引履歴を待ちます。

 

 

次に、取引履歴をもとに、「引き直し計算」が行えるケースでは行います。
※引き直し計算とは、グレーゾーン金利で利用している場合に、すべて利息制限法に引き直しして、元金を再計算する方法です。

 

引き直し計算した結果をもって、債権者との交渉に望みますが、その前に「収支状況」や「生活状況」などのヒアリングを通じて、返済余力や原資も確認しておき、交渉の材料にします。

 

 

実際に債権者との間で話し合いが行われます。

 

最初にお伝えした通り、債務者の現状を伝え、各債権者へ返済原資を振り分けて返済計画を提案していきます。

 

 

任意整理のメリット

上記の流れで手続きは進みますが、任意整理する事で得られるメリットですが、

  • 代理人に任せる事で、受任通知を受け取り後は、取り立てから一時的に解放されます。
  • 毎月の返済額を返済原資の範囲内(返せる金額内)で、各社に振り分けれるので、返済を継続できる可能性があります。
  • 借金総額を引き直し計算で引き直ししたり、交渉した結果、元金を減らす事もできたりします。
  • 将来にわたって利息がカットされます。

特に、最後の利息カットについては、大きなメリットで、きちんと返済を続けていれば、将来の利息が付く事がありませんので、元金さえ支払を終える事ができれば良いのです。

 

 

任意整理の費用

ところで任意整理の費用ですが、代理人に依頼した場合の相場は、借金ランキングでオススメの事務所をまとめていますので、こちらで参考にして頂ければと思いますが、数十万円程度で手続きができます。

 

和解した際には、和解書の作成や郵送代などがかかりますが、そこまで大きな負担にはなりませんので、大きな負担とは言えないかと思います。

 

借金任意整理デメリット

最後に、任意整理のデメリットについてですが、一番大きなデメリットは、「信用情報の報告」です。

 

自己破産や民事再生でも同じ事が言えるのですが、任意整理をすると、信用情報の報告に、債務整理をした内容が登録される事となります。

 

この情報を「異動情報(=人によってはブラックリストと呼びます)」と呼び、ローン、キャッシング会社、クレジットカード会社や金融機関にも情報が回りますので、今後の審査に悪影響をおよぼす事も考えられます。

 

 

あともう一つ、気をつけたいのが、「過怠約款」と呼ばれる約束事です。

 

過怠約款とは、債権者との約束事みたいなもので、きちんと借金返済を履行しているうちは、問題にならないのですが、延滞した時に効力が生じます。

 

具体的な例で言えば、「返済を2回以上行った時に、過怠約款の条項が適用される」などと書かれています。

 

つまり、借金返済を二度以上怠ったり、約束の期日に遅れた時は、「以後の支払で金利をつけて支払しなければいけない」という事になりますので、また前までの利息が膨らむ返済が始まってしまい、返済できなくなってしまいます。

 

 

そうならないためにも、毎月の約束はきちんと守る事、また守れる約束以外はしない事。

 

という事をきちんと考えて、和解するようにして下さいね。

 


過払い金

関連ページ

借金 弁護士 無料相談
借金の無料相談は弁護士がオススメ、検索方法や気になる相談費用などをまとめていきます。
借金の時効
借金の時効は何年で迎えるの?時効の援用時は内容証明が必要なの?中断事由や信用情報の報告など必要な情報をまとめました。
借金過払い金
借金返済に困った時、債務整理を検討していますか?中でも過払い金請求ができる場合には、積極的に手続きする事をオススメします。
借金 払いすぎ
借金は返済するもの??実はそれは思い込みかもしれません。借金返済を終えて払いすぎている可能性がある時は、専門家に相談すると一気に解決する事もあります。
借金 訴えられた
借金を返済できず訴えられたら、どうすれば良いか?そしてどうするべきかをまとめました。
借金 裁判
借金が払えない場合、裁判になって無視しているとロクな事がありません。無視せず払えなくてもきちんと対処しましょう。
借金 催促時効
借金の督促(催促)にも時効はあるの??取り立てを受けない平穏な日々を送るために知っておきたい事のまとめです。
借金 差し押さえ
借金で差押えされるものは何?家族に迷惑をかけないためにも強制執行を受けないように気をつけましょう。
借金 滞納 裁判
借金が長期延滞(滞納)となると、裁判されたり差し押さえされたりしますので、要注意です。そうならないためにどうすれば良いか??についてもまとめます。
借金 調停
借金が原因で離婚、調停とならないためにも基本となる情報だけでも知っておきましょう。
借金 帳消し
借金を帳消しにする事が可能なの?今借金問題に悩んでいる場合に、まずやるべき事についてまとめました。
借金 抵当
借金に抵当権をついている際の時効や競売について関連する情報は知っておかないと、後で損をしますので気をつけましょう。
借金 民事再生
ギャンブルが借金の原因の場合は民事再生できるの?また民事再生後の借金は債務整理できる?
借金 和解時効
借金返済には和解などの債務整理もあれば、時効を迎えているケースもありますので、それぞれの判断が必要です。
借金 強制執行
借金が原因で強制執行をされた際に、焦ってしまいますけど、落ち着いて対処できるように最低限の知識は知っておきましょう。
借金 強制執行 回避
借金延滞で強制執行されないように、強制執行回避のためにも流れを知っておきましょう。
借金 取り立て
借金の取り立てに悩んでいる方は必見です。警察へ相談できる?法律ではどうなっているの?など解説しています。
借金 取り立て 弁護士
借金の取り立てに悩んだ時、疲れた時に弁護士への相談は有効です。専門家の意見を聞いて、債務整理を進めませんか?
借金 任意整理 費用
借金に困った時に有効な債務整理の方法として任意整理がありますが、費用や詳細な事をまとめました。
借金 任意整理 デメリット
借金整理や任意整理のデメリットってあるの??あればどんな事がデメリットになるのかを紹介します。
借金 任意整理 早期返済
借金の解決に任意整理は早期返済のためになるのか??についてまとめました。