多重債務 生活保護

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

多重債務 生活保護

生活保護を受けている人と言うのは、多重債務になることがあるのでしょうか。

 

 

生活保護を受けている人は多重債務になる?

生活保護を受けている場合、大手の消費者金融は貸出を自粛しますので、基本的にお金を借りるという事ができないはずなのですが、中小の消費者金融やいわゆるヤミ金と呼ばれるところでは、そのような自主規制がないところがあります。

 

そのため、多重債務となる事はあり得る話と言えそうです。

 

 

ところで、生活保護と言うのは、働いてる場合などでも受けることが出来るもので、働いている事で収入が得られますので消費者金融などで借金をする事は出来ると言いますが、複数の債務を抱えると言うのは可能なのかです。

 

 

多重債務と言うのは、複数の金融業者からお金を借りて、借金の債務となるものが複数になる事を意味しています。

 

消費者金融では、収入が見込めることで審査を行い、お金を貸してくれるわけですので、収入に応じた形での借金をする事は出来るわけです。

 

 

総量規制で収入制限があるのか??

尚、消費者金融と言うのは貸金業者であり、総量規制の対象となります。

 

そのため、年収の3分の1を超える貸付が禁止されていますので、生活保護を受けている人の収入の3分の1以上のお金を借りることは出来ません。

 

仮に、年収が60万円の人の場合は、年収の3分の1に当たる20万円が消費者金融で借りることが出来る最大の借入可能額になります。

 

 

また、総量規制は他社債務が合算されて計算が行われますので、仮に1社から10万円のキャッシングを利用してれば、新たに借入出来る額というのは、最大でも10万円と言う事になり、2社以上から借り入れをする事で多重債務になるということなのです。

 


過払い金

関連ページ

多重債務 生活苦しい
多重債務に陥り、生活が苦しい。そんな時こそできる事から始めてみませんか?
多重債務 キャッシング
キャッシングの利用しすぎに多重債務に陥る事が関連性がありますので、過剰融資を受ける事のないように気をつけましょう。
多重債務 クレジットカード
クレジットカードの多用で多重債務に陥らないように気をつけましょう。
多重債務 陥らないために
多重債務にならないためにも、できる事をきちんと行うようにしましょう。