多重債務 陥らないために

MENU

債務整理 人気の杉山事務所の無料相談 0120-092-877

 

多重債務 陥らないために

多重債務とは複数の金融機関から借り入れを行い、返済が困難になっている状況を指します。このような状況に陥らないために、お金を借りるときは計画的に利用しなければなりません。

 

キャッシングなどで短期間に借り入れ額を増やすために利用する金融機関を増やすことがあります。

 

しかし、数が増えれば手間も増えて返済の遅延を起こしやすくなります。これを避けるため、複数の金融機関を利用する場合でも2、3社までに留めた方が良いです。

 

 

また、返済能力を超える借り入れをしたため別の金融機関と契約して借り入れを行い、それを利用して返済することがありますが、これは問題の解決にはなりません。

 

これによって多重債務に陥ると残高が増えていく一方になるため、このような借り方は避けなければなりません。

 

 

もし返済が苦しいと感じた場合、金融機関の利用数を増やす前に自治体や消費生活センター、法テラスなどに相談して解決方法を見つけるようにします。

 

状況によっては低金利の融資を紹介してもらえるなど、債務整理を行わずに解決できることもあります。相談が遅れれば遅れるほど残高が増えて債務整理を避けるのが難しくなってしまうため、できるだけ早く相談した方が良いです。

 


過払い金

関連ページ

多重債務 生活苦しい
多重債務に陥り、生活が苦しい。そんな時こそできる事から始めてみませんか?
多重債務 生活保護
多重債務で生活保護を受ける事の関連性についてまとめました。
多重債務 キャッシング
キャッシングの利用しすぎに多重債務に陥る事が関連性がありますので、過剰融資を受ける事のないように気をつけましょう。
多重債務 クレジットカード
クレジットカードの多用で多重債務に陥らないように気をつけましょう。